自由が丘の美容室に求めること

表参道の美容室に求めること

表参道の美容院での仕事

表参道の美容院だけに限らないと思いますが、1日の始まりはやはり掃除からですよね。

 

どんなに立派な美容院でも汚れていては、それだけでイメージはガタ落ちになります。掃除は主に新人さんが早く来て行うところが多いのではないでしょうか。カット台や窓、それにお客さまたちが見る鏡もキレイにしておかなければいけません。洗面台などの水回りの掃除も大変かと思います。美容室が開店すると担当のお客さまがいる美容師はそれぞれカットやパーマなどをします。担当のお客さんがいない人は、その補佐に回ることもあるでしょう。

 

他にも手が空いていたらダイレクトメールの作成、ブログの更新、営業の電話…などもありますし、タオルの洗濯、シャンプーやトリートメントの補充や発注といった本当に雑用と言える仕事が山積みとなっています。一見、華やかに思われがちな美容室ですが実は、裏ではかなり地味な作業が繰り返し行われているのです。

癒しを求めに美容室へ

表参道の美容室に対して何を求めていますか?と質問したら、当然のようにカットしに行く場所でしょと言われてしまうかもしれません。確かにそれは間違いではないのですが、最近では美容室に求めることは人によって違うようです。

 

このように変わってきたのには、表参道美容院 departの多様化が進み、様々な魅力的なサービス展開をしていることが関係していると思われます。ちなみに私の場合、カットなどの技術はもちろんですが、それ以前に癒しやリラックスを求めに行ったりもしています。女性にとってはキレイになるということは、1つのストレス解消にもなるのです。

 

キレイに着飾ってみたり、メイクを頑張ってみたりすることで気持ちも自然にウキウキします。キレイになるための努力もまた必要なのかもしれませんが、キレイにしてくれる自由が丘の美容室というのも私たちにとっては必要不可欠な存在です。そう考えるとカットなどの技術だけを求めるのではなく、癒しやリラックスを求めに来店されるお客さまが多いのも分かるような気がします。

優れた美容師さんに出会うと

行きつけの自由が丘の美容院だと、自分の髪の毛の状態をよく知っていてくれているので、特にあれこれと何か言って注文をしなくても、いつも通りにカットしてくれます。なので、私は美容院が好きな場所であります。また、同時に、美容室なんかに行って、他人髪の毛を触られるのも、好きだったりします。

 

特に好きなものは、カリスマ美容師が行っていた、髪の毛をつまんで、根元にはさみを入れてシャキシャキと切っていく、ストロークカットは、何度見ても、ついつい見とれてしまったりします。ストロークカットでナチュラルに髪型が変化するということもあって、「長さは変えずに、イメージチェンジしたい」というような曖昧なオーダーの時も、自分が理想としているようなぴったりの髪型にしてくれました。

 

こうしたものをやってもらった時は、オーダー通りになったということで、かなり満足したのですが、こういう事を、しっかりとしてくれる美容師さんとは、中々、離れられることができずに、いつまでも通ってしまいますね。是非、多くの人が、こうした優れた美容師さんと出会えるといいですね。

 

亀有の美容室ELGRAN


ホーム RSS購読 サイトマップ